こんにちは!
高知でかわいい自然素材のお家を建てる工務店、大崎建築の宮内です(*´꒳`*)



先日
配筋検査に行ってきました!



配筋検査って
何をするのかと言うと
箱尺という大きな定規を2本もっていき
基礎伏図面通りに鉄筋が配筋されているのか
箱尺で測かりながら写真におさめていきます☆



一人で任務を遂行してやるんだーーー(`・∀・´)
と気合を入れて挑んだ当日。



現場へ行き
びっくりしました(・Д・)








高基礎!!!(・Д・)
その名の通り
高さが高い基礎!!!(・Д・)



これは。。。
どうやって中に入って
鉄筋の写真を撮ったらえんやー(*´-`)




前に社長に同行した時は
普通の基礎でした。










高さは地面から40センチほど。
またいで入れる高さでした!





が。







今回は中から測って90センチを軽く超えてて
外からだと1メートルを超えてる感じでした。


足の長さが足りぬ_(:3 」∠)_

またげぬ(ㆀ˘・з・˘)

でも写真撮ってきてねって言われたし。。。




んー(*´-`)
と少し考えて



よじ登ればえいんやーーー!!!
とひらめき(*゚∀゚*)



えんやこらとよじ登って中に入れて
写真も撮れたので
田舎育ちでよかったと感謝しましたとさ☆