おうちシュシュblogファンの皆様、そしてはじめておうちシュシュblogをご覧頂いている皆様、こんにちは!
大﨑建築の谷です(#^.^#)

皆様、犬走りってご存知ですか?
そうです!ペットショップや公園に併設されているワンちゃんが走り回って遊べるワンちゃんの憩いの場!!
では、ございません(*´Д`)笑

犬走にもいろいろな種類があるのですが、今回は軒下の犬走りに関してです♪
犬走りとは、住宅などの建築物の隣にある、「犬が通れるくらいの細い道」のことをいいます。
日本建築のお家によくある建物の軒下の外壁周縁部を砂利敷きやコンクリートを打ったものです。
皆様、おそらく「あぁ、あれか!!」と浮かんだかと思います。
そう!あれです☆
目的としては、昔の日本建築は、今とは違い「雨どい」はありませんでした。そのため、雨水は屋根からそのまま落ちていました。しかし、屋根と地面までは距離があります。
屋根から落ちる水滴は地面に落ちることで弾け、住宅の壁に水汚れや泥汚れを作ってしまっていたのです。水や泥汚れは見た目が悪くなるだけでなく、基礎部分を腐らせ家をダメにしてしまいます。
そこで犬走を施工し、水はねや泥はねを防止するようにしたのが始まりです。要は構造物保護のために設けるものです。

今回、以前よりリフォームに入らせて頂いておりますH様邸にて犬走り工事をさせて頂きました!

ビフォー

アフター


見事、綺麗な犬走りができました♪
では、犬走のご相談お待ちしております。笑